テニスで起こる手首の小指側の痛みの原因とその治療法!

テニスで起こる手首の怪我はなかなか完治せず、再発や悪化を繰り返すことが多いといわれています。

特に多いのが手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷という怪我です!

今回は、テニスで起こる手首の小指側の痛みの原因とその治療法について解説します。

手首が痛いとテニスに限らず日常生活にも支障が出てしまいます。ぜひ最短で手首の痛みから解放されましょう!

テニスで起こる手首の小指側の痛みの原因とは?

冒頭でも述べたように、テニスをしている人にとって手首の怪我はとても厄介です!

特に、手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷に苦しむ方が多く、プロテニス選手でもなることがあります。

TFCC損傷は、三角繊維軟骨複合体と呼ばれる手首の小指側にある軟骨と靭帯からなる複合体が損傷することで起こります。

症状としては、手首を小指側に曲げたり、圧力をかけたりすると痛みがでます、悪化した場合は握力の低下を一時的に起こすこともあります。

では、何が原因で三角繊維軟骨複合体は損傷するのでしょうか?

転倒等を除けば、スイング中やボールを打つ瞬間に手首が小指側に曲がって軟骨成分を圧迫することが一番の原因です。

TFCC損傷になるほとんどの方がスイング中に手首が小指側に折れる(尺屈する)動作が入っているのです!

9447397784_ed8c157c13_z

 

手首の小指側の痛みTFCC損傷の治療法とは?

痛みがある間は炎症が起こっているためこまめにアイシングをしましょう。冷やすことで起こっている炎症を少しずつ鎮めることが出来ます。

また、もし耐えられないほど痛みが強い場合は手首を固定をすると良いでしょう!

もともとTFCCは手首の安定性を保つ機能を持っているため、サポーターやテーピングで固定をすればTFCCにかかる負担を減らすことが出来るのです。

ただし、サポーターなしでも日常生活に支障がない状態まで治ったら出来る限り外すようにしましょう。

なぜなら、手首をサポーターで固定する=手首を支える筋肉を使わないということにつながるからです。

使わなくなった筋肉は本来の機能を忘れてしまうだけでなく、筋力や柔軟性を落としてしまいます。

すると、TFCCの損傷が治っても、手首に負担のかかりやすい状態になってしまうのです。

もちろん、リハビリやトレーニングを重ねることで筋肉の機能を取り戻すことは可能ですが、なるべく痛みが取れたらサポーターに頼り切りになるのはやめましょう。

ここまで、テニスプレーヤーにとって厄介な手首の怪我の原因や大まかな治療方法について解説してきました。

詳しい手首の怪我の治療法については下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてみて下さい!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る