テニスで起こる手首の小指側・親指側の痛みに効果的なテーピング

手首の小指側や親指側の痛みは腱・靭帯・軟骨の炎症、関節のずれが原因であることが多いでしょう。

テニスでは多くの場合オーバーユーズによる慢性的な疲労蓄積による怪我をします。そのため、まず炎症が治まるまでは手首の安静を保ち休ませることが重要でしょう。

今回は、テニスで起こる手首の痛みに効果的なテーピングの巻き方を解説します。

最近は、西洋医学の見地だけではなく様々な視点から治療法が発表されはじめています。

きちんと怪我の原因を理解して、論理的に治療法を検討できるようになりましょう。

手首の痛みに対するテーピングの効果とは?

まず、テーピングの手首に対する効果と注意点について書いていきます。

テーピングを施すことで、手首の関節の安定と手首の動きに関する筋肉の補助の効果があります。

手首の小指側に痛みを引き起こすTFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)、親指側に痛みをもたらす変形関節症や腱鞘炎は、関節とその関節の動作を司る筋肉をサポートすることで痛みを和らげることが出来るでしょう。

また、痛みが緩和することで自己治癒力が高まり、治るまでの期間を短くする効果が期待できるでしょう。

手首の痛みに効果的なテーピングの巻き方解説

もう少し手首の固定強度を高めたい場合は半分程重なるように上下にずらして数本テープを貼るか、非伸縮タイプのテープを使うとよいでしょう。

また、テーピングをいちいち巻くのが面倒だという方や肌のテープかぶれが気になる方は手首用のサポーターを使いましょう。

このように、テニスで起こる手首の痛みはテーピングによる固定である程度抑えることが出来ます。しかし、完治を目指すのであればただ固定するだけでは事足りません!

下のおすすめページでは、実績のある手首の痛みの治療法や手首用サポーターの情報をまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る