テニスで起こる手首の小指側の痛みTFCC損傷の原因とは?

テニスをしている多くの方がTFCC損傷という怪我を知っていると思います。TFCC損傷とは、手首の小指側にある三角繊維軟骨複合体と呼ばれる組織が損傷することで痛みや握力の低下が起こる怪我です。

TFCC損傷は手首の酷使が原因と言われていますが、ストロークやサーブを正しいフォームで打てていればなかなか起こりません。

今回は、小指側の痛みをもたらすTFCC損傷の原因について解説します。

ごく稀に、手首の小指側の骨が親指側の骨より長いことが原因でTFCC損傷になってしまうこともあります。もし、保存療法を続けても効果がない場合は一度精密検査を受けると良いでしょう。

日常生活にも影響を与える手首の痛みから最短で回復を目指しましょう!

手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷が起こる原因とは?

冒頭で、TFCC損傷は手首の酷使が原因だと書きました。

ここからはもう少しこの原因について掘り下げて考えていきたいと思います。

TFCC損傷の原因となるのは過度な「尺屈」の繰り返しです。尺屈とは手首を小指側に曲げることをいいます。

尺屈を繰り返すことで手首の小指側の骨が三角繊維軟骨複合体(TFCC)を潰してしまうのです。

では、ストロークやサーブのフォームの中で手首の尺屈が起こるのはどのようなときなのかを具体的に見ていきましょう。

15895341677_9bf57be9b4_z

ストロークに強いトップスピンをかけようとするとき

ストロークに縦の回転をかけようとするとラケットを打点よりも下から振り出し、上に振り抜くことが必要になります。

そのときにテイクバックでラケットヘッドが手首よりも下に落ちてしまいがちです。

ラケットヘッドが手首よりも下に落ちているということは、手首が尺屈している可能性が高いと思います。

この動きを繰り返すことで、TFCCにかかる負担が増えて損傷を起こします。

フォアハンドやバックハンドの打ち方のポイントは「手首を必要以上に動かさないこと」です。

回転をかけたいのであれば、テイクバックで打点より下にラケットを引いて、打点よりも上に向かってフォロースルーをすればいいわけです。

そうすれば、手首でボールをこするような動きをしなくても、自然とボールに適度な回転がかかるはずです。

サービスを出来るだけ高い打点で打とうとするとき

サーブを出来るだけ高い打点で打とうと意識をすると、肩・肘・手首の関節が自然な状態からかけ離れてしまうことが多々あります。

どの関節にも本来持っている得意な動きがあります。しかし、関節を筋肉によって不自然な方向に曲げると本来持っている能力から大きくかけ離れてしまいます。

サーブの打点を高くしようと意識すると、肩は上がりすぎ、肘は伸びすぎ、手首は尺屈してしまいます。

すると、ストロークと同様に手首の小指側にかかる負担が大きくなり、肩や肘にも同じく負担がかかってしまうでしょう。

サーブの打ち方のポイントは「ワインドアップからフォロースルーまで肩甲骨から先を脱力すること」です

足のタメで作り出したエネルギーをいかにラケットまで伝えるかがサーブにおける課題です。そのためには、肩甲骨から先は関節の角度の角度を保つ程度の力感だけでいることが大切です。

このように、テニスにはTFCC損傷になりうるポイントが多々あります。関節や筋肉を得意ではない使い方をすることは様々な怪我の原因になります。

また、加齢や疲労によって筋肉の柔軟性や筋力が落ちると怪我のリスクは高まります。日々ストレッチなど身体のケアをするようにしましょうね!

手首の痛みに効果的な治療法やストレッチのやり方についての詳しい情報は下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る