テニスでボレーを打つと手首に痛みが出るときの対処法とは?

テニスでは手首を痛める怪我をするプレーヤーが後を絶ちません。腱鞘炎や手首の小指側に痛みの出るTFCC損傷は一度なると悪化や再発を繰り返す厄介な怪我です。

今回は、ショットの中でも特にボレーを打つときに手首が痛い場合の対処法を解説します!

ボレーは他のショットと違い勢いのあるボールをノーバウンドで返すため、間違った打ち方をすると手首に大きな負担がかかります。

きちんと原因を理解して正しい対策をするようにしましょう。

テニスでボレーを打つと手首が痛くなる原因とは?

手首に痛みが出る原因は主に「前腕の筋肉の機能低下」、「インパクト時の手首の不自然な角度」の2つでしょう。

1つ目の前腕の筋肉の機能低下について。

加齢や疲労蓄積によって前腕の筋力や柔軟性が落ちると手首の腱や関節にかかる負担が大きくなります。

すると、負担に耐え切れなくなった腱や関節内に炎症が起こり、痛みにつながるのです。

また、前腕の筋肉のコリは手首や肘の痛みを引き起こすトリガーポイントとも呼ばれています。

2つ目のインパクト時の手首について。

手首に限らず、本来持っている力を発揮するために適した関節角度というものがあります。しかし、その角度から外れると筋力を発揮しにくくなるだけでなく、関節に大きな負荷がかかってしまうのです。

例えば、ボレーのインパクト時に手首が小指側に曲がっていたら、手首の小指側にある三角繊維軟骨複合体と呼ばれる軟骨と靭帯に大きな負荷がかかります。

それを繰り返すと三角繊維軟骨複合体損傷を起こし、手首に痛みが出てしまうのです。

手首の痛み対策にはフォーム改善とストレッチ!

先に挙げたような手首の痛みの原因を解消するためには、フォームの改善と日々のストレッチが重要です。

まず、ボレーを打つときに手首を自然な形(じゃんけんのグー)から全く動かさないようにしましょう。力みすぎもいけませんが、手首の角度を手の甲、手のひら、小指側、親指側に曲げないように気を付けてボールを捉えましょう。

そうすることで手首の関節とそれを動かす前腕の筋肉にかかる負担を減らすことが出来ます。

また、それに加えて日々ストレッチやマッサージで筋肉や関節のケアをすることが大切です。

前腕だけでなく全身のバランスを整えるようにストレッチを行い、それでもコリが残る部分を指やテニスボールでマッサージしてほぐすと良いでしょう。

テニスの練習後やお風呂上りなど身体が温まっているときに行うと凝り固まった筋肉をほぐすことが出来ます。

このように、テニスのボレーで手首に痛みが出る場合はフォームと日々のケアを見直すことが大切です。

もしすでに手首の痛みが強く日常生活にも影響が出ている場合は治療が必要です!

下のおすすめページでは手首の痛みの改善マニュアルやおすすめのサポーターなどを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る