テニスが出来ない!寝違えやむちうちによる首の痛みの治し方は?

寝違えやむちうちになると首の痛みからテニスが出来なくなってしまいます。

無理せずに休むことが大切ですが、試合当日やどうしても練習したい日に寝違えてしまった場合休んではいられませんよね?

今回は、寝違えやむちうちによる首の痛みの原因とその治し方について解説します!

もちろん筋肉の損傷が広がらないためにも、痛みが強いうちは安静にすることをおすすめします。これから紹介するのはあくまで応急処置程度だと思ってください。

寝違えやむちうち等の首の痛みの原因とは?

交通事故や転倒などの大きな衝撃によって首の筋肉が損傷するのがむちうちです。筋肉が炎症を起こす場合がほとんどですが、稀に関節や椎間板にも影響が出ることがあります。

一方で、寝違えには様々な原因がありますが、首や肩の筋肉やそれに関連する筋肉や神経を寝ている間に圧迫・刺激してしまうことが原因だとされています。

むちうちは突発的な首の怪我で寝違えは慢性的な疲労やストレスが原因だといえるでしょう。

このような寝違えやむちうちのように首に痛みがある場合、テニスをするのは厳しいでしょう。

しかし、寝違えの場合はある場所をほぐすことで痛みが激減する可能性があるので一度試してみましょう!

5614884585_e108216675_o

 

寝違えてもテニスが出来る!首の痛みの治し方とは?

実は寝違えには大きく分けて2パターンあり、多くの場合はある処置をすると痛みが激減することがわかっています。

寝違えは首の筋肉を傷めているケースと首の筋肉につながる神経が圧迫されているケースがあります。

では、どのようにすれば首の痛みを緩和することが出来るのでしょうか?

まず初めにいっておきますが、多くの人がやりがちな首が痛い時に首のマッサージをする行為は危険です!本当に首が凝っていて痛いのであれば効果的ですが、首の筋肉が炎症を起こしていたらむしろ逆効果になりかねません。

首や肩周りは筋肉や神経が多く、複雑に走っているため素人にはどの筋肉が痛みの原因を判断することが難しいです!

また、首は人間にとって大切な器官であり、急所でもあるのであまりマッサージをしない方が良いでしょう。

首の痛みを少しでも緩和したいのであれば、わきの下にある腋窩神経の圧迫を解消するといいでしょう。

そのためには脇の下の筋肉を伸ばしたり、指を入れて痛みが出ない程度に指圧したりすると良いです。

寝ている間に不自然な姿勢になることで起きた、わきの下の神経の圧迫が取れると不思議なことに首の痛みが無くなるのです。

このように、首が痛い時は首には触れずに治療をすることが大切です。

また、寝違えは日ごろの精神的・肉体的ストレスからくることも多いので、寝る前にゆったりとストレッチをしたり、心を落ち着かせるためにアロマをしたりすると良いでしょう。痛みがあるうちは無理は禁物ですよ。

詳しいストレッチ法や首の痛みの治療に関しては下のおすすめページにまとめたので是非参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る