テニスで起こる膝痛に効果的なテーピング・サポーターの巻き方

テニスをすると膝に違和感や痛みを感じる方は少なくありません。それらを放置しておくと靭帯損傷や半月板損傷などの大怪我につながる可能性もあります。

そのため、膝に不調を抱えたときにはきちんとケアをすることが大切です。

今回は、テニスで起こる膝痛の治療・予防に使える手軽なテーピング・サポーターの巻き方を解説します。

テニスは左右前後に瞬発的な動きが必要とされるスポーツなので、足腰にかかる負担はとても大きくなります。

サポーターやテーピングによる補強だけでなく、トレーニングやケアを怠らずに行いましょうね!

テニスで傷めた膝に効果的なテーピングとサポーターの巻き方とは?

膝には多くの靭帯、腱、筋肉がつながっています。それぞれに膝の関節の安定性を保ち、運動を作り出す役割を果たします。

しかし、疲労蓄積や損傷が起こるとそれらの機能は低下してしまいます。

そのような時に効果を発揮するのが、サポーターやテーピングです。膝関節やその周りの筋肉の機能をサポートすることが期待できます。

ここからは、具体的にテーピングとサポーターそれぞれの効果の特徴と巻き方について解説していきます。

テニスでおこる膝痛に効果的なテーピングの巻き方

テーピングは素人には難しいと敬遠されがちです。しかし、実は膝のテーピングは比較的簡単に巻ける上に、自信の症状に合わせて固定の強さを変えられるためおすすめの対処法だといえます。

プロテニスプレーヤーも試合のときに膝のテーピングをしているのを見たことがある方も多いでしょう。

では、膝のテーピングの巻き方をみていきましょう!

動画のように適度にテープを引っ張りながら関節や筋肉に沿って貼ることが大切です。また、膝の固定力を上げたい場合はテープを少しずらして数本重ねて貼ると良いでしょう。

 テニスで起こる膝痛に効果的なサポーターの巻き方

テニスで膝に不調を感じている方の多くはサポーターを使っているでしょう。

サポーターはテーピングと同様、膝の安定性をサポートしてくれます。また、様々な種類のサポーターが販売されているため自分の膝の症状に合ったものを見つけることが出来るでしょう。

巻き方はサポーターのタイプによって変わります。ひざ下に巻くバンドタイプのサポーターもあれば、膝からその周りの筋肉まで覆うタイプのサポーターもあります。きちんと取り扱い説明書の通りにサポーターを巻くようにしましょう。

このように、テーピングやサポーターを使うことでテニスで起こる膝痛の治療・予防する効果が期待できます。

また、冒頭にも書いたようにテーピングやサポーターに頼りきりになるのではなく、日々のケアやトレーニングを怠らずに行うようにしましょうね。

下のおすすめページでは、膝痛に効果が期待できる治療法などの情報をまとめています。ぜひ参考にしてみて下さい!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

病院に通っても治らない膝を自宅で治す3つのポイントとは?

おすすめの膝用サポーターランキングTOP3

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る