テニスで起こる股関節の痛みの原因とは?

股関節はテニスにおいて、パワーを生み出す「下半身」とそれをラケットに伝える「上半身」をつなぐ重要な役割を果たしています。

また、最近はダイエットでも肩甲骨や股関節等大きな筋肉がついている関節の大切さが理解されてきました。ストレッチやトレーニングの本も飛ぶように売れているようです!

そこで今回は、テニスで起こる股関節の痛みの原因について解説します。

テニスをする上で股関節が痛いと、サーブやストローク等のショットに影響が出てしまいます。股関節痛の原因を正しく理解し、自分に合った治療法を見つけましょう。

テニスで起こった股関節の痛みの原因とは?

股関節に痛みの症状が出る怪我としては、慢性的な筋肉疲労による筋肉痛・筋膜炎、疲労骨折、はく離骨折、股関節唇損傷などがあります。

ここでは、テニスで起こることが多い慢性的な筋肉疲労による筋肉痛・筋膜炎の原因について解説していきます。

股関節は自由度の高い関節だからこそダイナミックな運動を可能にしますが、大きな怪我をしやすい場所でもあります。

もし、突発的に「グキッ」と股関節が痛くなった場合は骨や関節に問題がある可能性があるので、一度必ず病院に行きましょう。

テニスで股関節に痛みを感じる場合は基本的に筋肉系の過労による怪我がほとんどです。

なぜなら、動くときも打つときも何をしていても太もも、臀部、腸腰筋、腹筋など股関節周りの筋肉を使っているからです。

そのため、それらの筋肉に疲労が溜まり血流が悪くなるため柔軟性を失い、痛みを感じるようになるのです。

症状としては、痛みと股関節の可動域の減少が挙げられますが、運動をし始めると血流が良くなるので痛みがなくなるのが特徴です。この状態が続くと重度な筋膜炎や肉離れにつながる可能性が高まります。

14788288439_d49f63813a_z

このような症状に対して出来ることは、先に挙げたような股関節周りの筋肉をほぐすことでしょう。

簡単に言えば、筋膜炎や肉離れのように炎症を起こしていなければ、ストレッチやマッサージで股関節周りの筋肉の血流を良くすることで柔軟性が戻り痛みが無くなるのです。

テニス後やお風呂上りなど筋肉が温まっているときにストレッチをするのを日課に出来ると良いですね!

詳しい股関節痛の治療法やストレッチ法については下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

股関節痛患者300人が効果を実感した治療法に隠された秘密とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る