テニスのバックハンドで起こる手首の小指側に痛みの原因と対処法

テニス界では片手バックハンドが主流でしたが、最近はほとんどの方が両手バックハンドになりました。

そのため、プロの世界でも利き手でない側の手首を痛める選手が出てきました。

テニスでは、特に手首の小指側が痛くなるTFCC損傷と呼ばれる怪我が多く起こります。

今回は、なぜバックハンドで手首の小指側に痛みが出るのか原因となるフォームの改善案を解説します。

TFCC損傷になるとなかなか治らずに長期間テニスが出来なくなる方も多くいます。治ったと思っても悪化や再発を繰り返す厄介な怪我なので、きちんと治療やリハビリをしてから復帰するようにしましょう。

両手バックハンドストロークで手首の小指側が痛くなる原因!

両手バックハンドで手首が痛む原因は「手首の使いすぎ」にあります。

バックハンドで回転をかけようとするときに両手首を小指側に曲げることでラケットを打点より下に落とそうとする方を多く見かけます。

しかし、手首を小指側に曲げると軟骨や靭帯が骨によって圧迫されてしまいます。

それを繰り返すことで軟骨や靭帯が潰されて炎症を起こし、TFCC損傷になってしまうのです。

つまり、バックハンドストロークを打つときに手首を過度に使いすぎることが痛みにつながっているのです。

手首の小指側の痛みを防ぐバックハンドストロークのフォーム改善の方法

手首の小指側に痛みを感じないようにバックハンドストロークを打つためには、手首を小指側に折ってボールに回転をかけるのではなく手首は自然な形のままテイクバックからフォロ−スルーまでを終える必要があります。

つねに手首のかたちはじゃんけんのグーの形を保ち、回転をかけたいのであればラケットだけでなく腕全体を下げるイメージでテイクバックをするといいでしょう。

錦織選手も以前は手首を使いすぎる傾向にあったため、バックハンドストロークのフォーム改善をしました。今となっては錦織選手のバックハンドは世界一とも言われるほどになりました。

つまり、手首をなるべく動かさないように意識することで怪我の再発予防だけでなく、プレーの安定性が増しパフォーマンスアップにもつながるのです。

このように、手首の小指側に痛みを感じる場合はフォームから見直してみることをおすすめします。

基本的に、テニスでは慢性的な疲労や負担によって怪我が起こります。きちんと理にかなったフォームで打つこと、テニス後には必ずケアをすることで多くの怪我は防げるのです。

下のおすすめページでは、多くの手首の痛みを解消してきた治療法やサポーター等の情報をまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る