テニスで起こる背中と肩甲骨の痛みの原因とは?

肩甲骨とそれを支える背中の筋肉は、腕と足、腰、体幹をつなぐ大切な役割を担っています。

テニスにおいて、背中や肩甲骨を意識できると大きな筋肉のある脚で生んだエネルギーをしっかりとボールに伝えることができます。

しかし、うまく使えないとテニスのサーブやストロークを打つときにに背中の筋肉を損傷し、痛みを感じることがあります!肩甲骨周りには大小さまざまな筋肉があるため一度痛めると厄介です。

今回は、テニスで起こる背中や肩甲骨の痛みについてその原因を解説します!

特に普段からデスクワークや家事などで背中や腰に張りを感じている方は要注意ですよ。

テニスで起こる背中や肩甲骨の痛みの原因とは?

テニスでサーブを打つ時、みなさんは何を意識していますか?

打ち方、コース、回転などなど相手を抜きにしても様々なことを考えているとおもいます。

実際に、どれも意識すべき大切な部分です。しかし、実はこれらの意識を「良いサーブを打つ」という結果につなげるためには、肩甲骨が自由に動く背中の筋肉の柔らかさを持っていることが大切なのです。

また、背中や肩甲骨の柔軟性がないまま、サーブを打ちつづけると良いサーブを打てないどころか肩甲骨と背中の筋肉を痛める原因になってしまうのです!

背中や肩甲骨のまわりの筋肉の柔軟性がなくなる原因としては、長時間デスクワークで同じ姿勢でいたり、日常での姿勢が悪かったりすることが挙げられます。

そして、その固くなっている体でテニスをすると痛みや違和感などの症状が出てくるのです。

tennis-shot-934845_640

さて、なぜ自分の背中や肩甲骨が痛むのかわかりましたか?

ひどい場合は筋肉が固くなっているだけでなく、それが原因で肉離れや筋違いが起きていることもあります。痛みがなかなか抜けない場合はきちんと治療しましょう。

詳しい治療法やストレッチの仕方などは下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にして下さい!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!95%の改善率を誇る治療のポイントとは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る