テニスでおこる背中と肩甲骨の痛みの正しい治療法とは?

背中や肩甲骨は日常生活で動かすことも少なく、コリや疲れが溜まりやすかったり、全身の歪みを整えるために筋肉がバランス悪くついてしまったりします。

テニスは特に利き腕の肩甲骨周りの背中の筋肉が強くなる傾向があるため、筋肉のバランスが悪い人が多いのです。

今回は、テニスで起こる背中と肩甲骨の痛みの治療法について解説します!

なぜテニスで肩甲骨と背中を痛めるのかについては別の記事にまとめているので、ぜひそちらも参考にしてください!

参考記事:テニスで起こる肩甲骨と背中の痛みの原因とは?

背中や肩甲骨の痛みはテニスのときだけでなく、悪化すると日常生活で呼吸や咳をしただけでピキッと痛みを感じたり、肩や腕が重くだるさを感じたりするようになります。

早め早めの治療が大切です!

テニスで肩甲骨周りの背中の筋肉を傷めた場合の治療法とは?

背中にある大きな筋肉は強い力を発揮する能力があります。また肩甲骨の周りの筋肉は体のバランスを支える機能もあります。

そのため、使い過ぎで疲れがたまったり、逆に使わなすぎたりして筋肉がコリ固まることが多くあります。

このコリが溜まった筋肉が、テニスのサーブやストロークで強い衝撃を受けると、背中の筋肉が損傷してしまうことがあるのです。

一度損傷してしまった筋肉は、必要であればテーピングの力も借りながら安静にして治癒するのを待つしかありません。

ですから、そうなる前に背中と肩甲骨の筋肉のコリを取り除くことが大切なのです。また、もしすでに背中を痛めている方もある程度痛みが治まってきたら周りの筋肉のコリをとることで再発を防止することができます!

しかし、実は筋肉のコリの取り方を間違えると数時間後にはまたコリが出来てしまいます。

整体やマッサージに通ってその場は気持ちよくてもまたすぐにコリを感じたりしませんか?それは一時的にコリをほぐしているだけで、根本的にコリが出来ないようにすることにはつながらないことの証拠なのです。

relaxation-684716_640

背中の周りの凝っている部分をマッサージ・ストレッチしても意味がないことはわかってもらえたと思います。

テニスや仕事をしていると背中だけでなく肩、腰、尻、脚などいろいろな筋肉や関節に疲労が溜まります。すると、肩甲骨周りの背中・肩・首の筋肉はその疲労で崩れた全身のバランスを整えようとして、さらに疲労が溜まってしまうのです。

ではどのような対策を取れば、背中のコリを溜めずに済むのでしょうか。

私は、自分の身体が本来持っている自然なバランスを取り戻すことが大切だと思います。

どうすれば体に負担の少ない姿勢バランスを取り戻せるのか知りたいですよね?

詳しい治療法やストレッチ法に関しては、下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてください!
☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!95%の改善率を誇る治療のポイントとは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る