テニスで腰に痛みを引き起こす腰椎分離症の治療法とは?

ジュニア世代のテニス選手が抱える腰の痛みは腰椎分離すべり症であることが多いでしょう。成長期を迎える子供は特に注意したいものです。

病院や整骨院によって腰痛に対する治療法は様々で、どれが正しいとは一概に言えないのが現状です。

腰椎分離すべり症にも同じことが言えて、「数カ月は固定した方が良い」という医師もいれば、「1回の施術で痛みをとれる」という治療家もいます。

今回は、テニスで腰に痛みを引き起こす腰椎分離症の治療法について解説します。

1つの治療法をためしてなかなか治らない場合は、固執せずに違う治療法にシフトしてみるといいでしょう。

腰椎分離症によって起こる腰痛の治療法とは?

そもそも腰椎分離すべり症とは、腰椎の疲労骨折またはヒビが入っている状態のことを言います。

腰椎分離症によって起こる腰の痛みの原因は医師や治療家によって分かれるところで、腰椎の骨折が直接的に痛みに原因だという説と骨折した腰椎を支えるために働く筋肉の硬化が痛みの原因だという説があります。

知らないうちに腰椎が折れていて、腰痛が辛くて病院にいった頃には骨は治っていたなんてこともざらにあります。

hip-778099_640

つまり、「腰椎の骨折による腰痛」と「腰椎を支えるためにおきた腰痛」のどちらに対しても効果的な治療を心がける必要があるのです。

どちらか一方の痛みに対して治療をしても、もう一方の痛みが残ってしまうのです。

だから、一般的に行われるサポーターやコルセットによって長期間にわたって固定する治療法はお勧めできません。

その間に骨折は治ったとしても腰回りの筋肉は柔軟性や筋力を失い、慢性的な腰痛に悩まされてしまうからです。

だからと言って骨折を無視して自己流のストレッチやマッサージを行うことは痛みの悪化を招くでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか?

一番は、病院や整骨院にいくつか行ってみて意見を貰うことでしょう。1つの治療法に囚われずに、いくつか試してみることが大切です。

下のおすすめページでは、多くのアスリートを腰椎分離症を含むさまざまな腰痛から救った治療法について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみて下さい!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!改善率95%を誇る腰痛治療のひみつとは?

おすすめの腰用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る