テニスで起こる膝の内側の痛みの原因とその治療法とは?

膝の内側に痛みを感じるテニス愛好家の方は非常に多いです。テニスは前後左右に素早いフットワークで動く必要があるため、足ニスなんて呼ばれることもあります。

テニスが原因で起こる怪我によって膝痛を抱えると日常生活にも支障をきたします。

今回は、膝の内側の痛みの原因とその治療法について詳しく解説します。

テニスエルボーならぬ、テニスレッグという名前もついている膝の内側の痛みを今すぐ解消してしまいましょう!

テニス起こる膝の内側の痛み・テニスレッグの原因とは?

テニスの膝の内側の痛みはテニスレッグと呼ばれるほど多くのテニスプレーヤーが経験する怪我になっています。

膝痛を引き起こす怪我の中でも、「鵞足炎」、「膝の内側の靭帯と筋肉の硬化・損傷」の可能性が高いです。

この中で、普通にテニスをしているだけで痛みが出た場合は、「鵞足炎」か「筋肉と靭帯の硬化」が痛みの原因です。

もし、膝を捻ったもしくは踏ん張ったときに「ブチッ」といった場合は「靭帯損傷」や「半月板損傷」の可能性が高いので、今すぐ病院に行きましょう

27726921872_c760aed335_z

テニスで起こる膝の内側の痛みの治療法とは?

では、膝の内側に痛みをもたらす「鵞足炎」と「膝の内側の靭帯や筋肉の硬化」の治し方について見ていきましょう。

鵞足炎は、簡単にいえば膝のオーバーユースによる筋肉や腱の炎症です。テニスはダッシュ&ストップが多いため、膝周りの筋肉に疲労がたまり、膝の内側に炎症が起こるのです。あまり聞きなじみがないかもしれません。テニスプレーヤーやマラソンランナーに怪我です。

靭帯の硬化は、加齢や疲労の蓄積によるものが多いです。靭帯は関節の形や安定性を保つ働きをしますが、靭帯が硬くなると関節の動きが悪くなり痛みを引き起こします。また、靭帯損傷の原因にもなります。

これらの膝の内側の痛みの治療としては、膝の炎症を取るためのアイシングや疲労を取り除くためのストレッチや電気治療・低周波治療などが主になります。

アイシングは痛みや炎症があるうちは続けましょう。テニス後、入浴後など血流が良くなっているときは特に大切です。

また、膝の痛みが強くならないようであれば太ももやふくらはぎの筋肉のストレッチを行いましょう。膝に関連する筋肉や関節の柔軟性を高めることで膝にかかる負担が減ります。

このように、膝の内側の痛みを治すためにはきちんと原因を理解して、1つずつ解消していくことが重要なのです。

もし、痛みが強い場合は必ず病院にいって検査を受けましょう。

もっと詳しい膝の治療法や毎日出来るストレッチ法など役立つ情報を下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

病院に通っても治らない膝を自宅で治す3つのポイントとは?

おすすめの膝用サポーターランキングTOP3

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る