テニスで起こる膝の外側の痛みの原因とその治療法とは?

テニスでは左右への動きが多いため、膝の外側にかかる負担が大きくなります。

例えば、テニスをしている人にO脚が多いですよね?これも膝の外側に痛みが出る1つの原因になります。

今回は、膝の外側の痛みの原因とその治療法について解説します。

膝は関節自体に痛みが出る場合と筋肉や腱に痛みが出る場合で対処法が大きく変わってきます。きちんと原因を理解して、自分に合った治療をしましょう。

テニスで起こる膝の外側の痛みの原因とは?

テニスで膝痛がおこる原因について細かく見ていきましょう。

膝の外側に痛みが出る場合は「腸脛靭帯炎」という膝の外側の靭帯に負荷がかかり炎症を起こす怪我であることが多いです。

靭帯は膝の関節の安定性を高める役割をしていますが、大きな衝撃が加わると断裂や損傷によって炎症を起こすことがあります。

冒頭にも書いたように、テニスをしているとO脚になりやすいといわれています。O脚は筋肉の付き方がアンバランスだと起こる関節の変形の一種です。

また、テニスは左右の切り返しが多いため、お尻の筋肉や太ももの外側の踏ん張る筋肉に疲労が溜まり柔軟性が減少します。すると、その筋肉がつながる腸脛靭帯に大きな負荷がかかるようになります。

このO脚とテニス特有の尻・太ももの筋肉の疲労によって膝の外側に走る腸脛靭帯に負荷がかかり炎症を起こすのです。

9648763082_0677251124_z

膝の外側の痛み腸脛靭帯炎の治療法と対策とは?

では、膝の外側の痛みを引き起こす腸脛靭帯炎の治療と対策について考えていきましょう。

大まかな治療の流れとしては「炎症を取ること」、「関節と筋肉を整えること」の2ステップが大切になります。

まず、靭帯の炎症を取るためにはアイシングや超音波での治療を行います。損傷をした靭帯やその周辺の筋肉の炎症をただ安静にしているよりも早く治すことが出来ます。

痛みが強く日常生活にも支障が出るときは湿布などで痛みをおさえてもいいでしょう。

次に、痛みが治まったら関節や筋肉を整えるためにストレッチやトレーニングを行います。太ももの筋肉のバランスを整え、O脚の原因を解消するのです。

そのためには、トレーニングで足りない筋力を高めることとストレッチ筋肉や関節を緩めることが大切です。

トレーニングに関しては、チューブを使って太ももの内側の筋肉を鍛えると良いでしょう。また、定期的に鏡を見て自分の膝がまっすぐ前に向いているかどうかを確かめるようにしましょう。

ストレッチは特にお尻や太ももの筋肉のコリをほぐすことが大切です。ストレッチで伸ばし足りない場合はストレッチポールやテニスボールでコリを潰すようにほぐすと良いでしょう。

このように、テニスや普段の生活で癖になっている関節や筋肉の使い方を一度リセットして、正しい使い方を覚え込ませることが膝の外側の痛みを完治するポイントなのです。

詳しい膝痛の改善法や最新のストレッチ法についておすすめページにてまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

病院に通っても治らない膝を自宅で治す3つのポイントとは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの膝用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る