テニスで足首を捻挫したときに内出血が起こる原因と対処法とは?

テニスで足首を捻ると損傷した靭帯では内出血がおこり、ひどいときにはくるぶしや土踏まずにアザが出てきます。

足首の捻挫は腫れや痛みが主な症状として知られていますが、それらの症状が起こる仕組みはあまり知られていません。

今回は、テニスで起きた足首の捻挫でアザが見られる場合の対処法を解説します!

酷い腫れや痛みに加えて内出血が起こると不安になりますよね?きちんと原因と対処法を理解するようにしましょう。

足首を捻ったときに内出血ができる原因とは?

足首を捻ると重症度問わず靭帯に損傷が起こります。少ないですが靭帯にも血管が通っているため、損傷が起きれば出血します。

そして、内出血量が多いと表面にアザとして現れるのです。

つまり、内出血が起きたからといって不安になる必要はないのです。

足首の捻挫でおこる内出血の対処法とは?

痛みや腫れが強く足首の骨折が疑われる場合は、一度病院でレントゲン等の検査を受けることをおすすめします。何よりも専門家による診断は安心につながるはずです。

ここからは、足首の捻挫で内出血が起こったときの対処法を解説していきます。

先にも述べたように、足首の捻挫で内出血が起きるのは不思議なことではありません。きちんと自己治癒力を助けるような対処をすれば自然とアザも消えるのです。

まず、足首を捻挫してから3日程経つまでは応急処置として「安静・冷却・圧迫・挙上」をすることが大切です。

そうすることで、捻挫による無駄な腫れや痛みを最低限に抑えることが出来るのです。

その後は、痛みや腫れが引いて来たら足関節とその周りの筋肉を温めて血流が良くなるようにしましょう。そうすることで、靭帯や筋肉や関節内の自己治癒力を高めることが出来るのです。

そして最後は足首の捻挫の再発を予防するためにリハビリテーションに取り組みましょう。足関節や筋肉に正しい可動域を覚えさせることで捻挫癖を残さずに済むのです。

このように、足首を捻挫したときに内出血が起きるのは不思議なことではなく、きちんと捻挫の治療をしていけば自然と治るものなのです。

あまり不安がらずに自分が出来る処置を最大限行うようにしましょうね。

下のおすすめページでは、テニスで起こる怪我を治療・予防するための情報をまとめています。ぜひ参考にしてくださいね!
☆あなたにおすすめの関連ページ☆

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの足首用サポーターランキングTOP3

自宅で出来る流行の健康法「温活」の効果とは?

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る