サーブで腰を反ると起こる腰痛の原因になるって本当?

テニスで起こる腰痛はサーブの打ち方に問題があることが多々あります。

サーブの速度や回転量を上げるために腰を反るような打ち方を続けると、背骨や筋肉にかかる負担が大きくなるので、腰を痛める原因になるのです。

今回は、サーブを打つときに腰を反ってタメをつくると本当に良いサーブが打てるのか、どのようなフォームに変えれば腰痛を予防できるのかの2つについて解説したいと思います。

良かれと思ってやっていたことが実は全く効果がなく、むしろ逆効果になっていることは多々あります。きちんと論理的に考えて良いフォームを身につけましょう。

腰を反って打つとサーブは回転量と速度が上がるのか?

腰を反ってタメをつくってから上体が腹筋によって戻ってくるエネルギーを使えば、もっと速く回転のかかったサーブが打てると信じている方も多いと思います。

しかし、腰を大きく反ると筋肉や背骨に大きな負担がかかります。

腰は、腰椎1つ1つが積み重なっているため関節が多い構造になっています。大きく腰を反ると腰椎同士がぶつかり合い、その関節を支える筋肉に疲労が溜まるのです。

すると、腰椎の疲労骨折や慢性的な腰痛が起こるのです。

また、腰を反るとスピードも回転も失った安定感のないサーブになってしまうことが多いです。

回転量を増やしたり、スピードをアップしたりするためにはスイングが持つエネルギー量を高める必要があります。しかし、実は大きく腰を反ることはエネルギー量を逆にロスすることにつながるのです。

例えば、ジャンプするときに膝を大きく曲げてジャンプするよりも少し曲げてからジャンプした方が飛べますよね?

これと同じで筋肉が力を発揮しやすい角度が腰の関節にもあるのです。

だから、大きく腰を反ってサーブを打っても負担が増えるだけで、決して良いサーブが打てるわけではないのです。

9648724932_679c69cd98_z

腰を反らない打ち方で腰痛対策をしよう!

さて、ここまで腰を反ってサーブを打っても効果はほとんどないということを書いてきました。

ここからは、腰を反らないサーブの打ち方について解説していきます。

今まで腰を反ってサーブを打っていた方は、腰を反らないで打とうとすると回転がかかりにくいように感じるはずです。

腰を反っていたときのスイングを腰を反らずに行うと腕やラケットが動く方向が地面に対して水平方向に近くなり、縦回転が不足してボールが安定してコートに収まらなくなります。

そのため、腰を反らない分地面に対して垂直方向(上方向)にスイングする必要があるのです。

垂直方向にエネルギーを生み出すために、適度に膝を曲げてタメをつくりタイミング良く地面を蹴り上げるようにしましょう。

足で地面を蹴ることでスイングに垂直方向のエネルギーが伝わり、縦回転がかかるようになるのです。

このように、サーブの打ち方1つで怪我の原因になってしまうことがあるのです。きちんと身体の構造を理解して、自分に合ったフォームを身につけるようにしましょう。

もし慢性的な腰の痛みを抱えている方は下のおすすめページにある腰痛解消法を参考にしてみて下さい!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!改善率95%を誇る腰痛治療のひみつとは?

おすすめの腰用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る