肩甲骨周りが痛い!テニスで起こる背中の怪我の原因と対処法とは?

テニスでは、肩甲骨周りの筋肉を怪我することが少なくありません。

肩甲骨とその周辺の背中の筋肉は、体幹部と肩より先をつなぐ重要な役割を果たします。

今回は、テニスで起こる肩甲骨とその周りの筋肉に痛みが起こる原因と対処法について解説します。

肩甲骨の周辺には大小さまざまな筋肉が複雑に走っています。そのため、どこかが痛むとそれをかばって他の部位にも痛みが飛び火することが往々にしてあります。

きちんと原因を理解して対策をしていきましょう!

テニスで起こる肩甲骨周辺の痛みの原因とは?

テニスで肩甲骨周りに痛みを感じる場合、多くは疲労蓄積や加齢による筋肉の柔軟性と筋力の低下が原因になっています。

テニスでは、サーブやストロークのスイングをする際に、「足→膝→股関節→体幹部→肩→肘→手首→手→ラケット」という運動連鎖が起こっています。

しかし、体幹部と肩をつなぐ肩甲骨周りの筋肉が機能を果たさない場合、肩より先に伝わるべきエネルギーを減少させてしまいます。

すると、腕や背中の筋肉にかかる負担が大きくなり血行不良や炎症が起こってしまうのです。

肩甲骨周辺の痛みを緩和する対処法とは?

では、痛みの原因が背中の筋肉の疲労や能力低下にあるということが分かったところで対処法を考えてみましょう。

激しい痛みやしびれるような痛みが無ければ病院に行く必要はあまりないでしょう。

結論からいうと背中にコリを溜めないように日々ケアをすることが一番の対策だといえるでしょう。

また、筋肉が凝り固まっているからといって、整骨院等でマッサージや電気治療を受けても効果はその日限りになってしまうことが多いでしょう。筋肉のコリは簡単なマッサージでほぐれるようなものではありません。

そのため、自分で筋肉の状態を感じながら日々ケアをしていくしかないのです。柔軟性が落ちているのであれば温めてからストレッチをして、筋力が落ちているのであればトレーニングをするという当たり前のことを続けるしかないのです。

日々のケアを続けることで身体のバランスが整えられて痛みや怪我から回復することが出来るのです!

下のおすすめページでは、多くのアスリートを背中や腰の痛みから救った治療方法や身体を整えるストレッチのやり方を紹介しています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!95%の改善率を誇る治療のポイントとは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

自宅で出来る流行の健康法「温活」の効果とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る