テニスで起こる腰の痛みに効くテニスボールストレッチ法とは?

テニスをしている方の中には、ヘルニアや腰椎分離症のような腰の怪我、慢性的な腰痛に悩まされている方が多くいます。

一方で、腰の痛みに苦しむ痛患者の8割がはっきりとした原因がわからず、自分に合った治療法を選べずにいます。

今回は、数々のスポーツ選手や芸能人の腰の痛みを治してきたさかい保健整骨院の酒井先生が考案したテニスボールを使った腰の痛みの対処法を紹介します。

病院に行ってもレントゲンをとって湿布やコルセットを処方されるだけ、整体や接骨院に毎週のように通っても継続した効果が感じられないマッサージや電気治療だけ…。

ある治療法に時間をかけても症状が改善されない場合は、別の治療法を試す必要があるのです!

腰痛みに効果的なテニスボールによる仙腸関節ストレッチ!

さて、具体的なストレッチのやり方を知る前に、酒井先生が挙げる腰痛の根本の原因について少し理解を深めましょう。

まず、腰痛が起こる原因として「腰椎の関節が詰まり神経を圧迫していること」、「腰の筋肉が凝り固まっていること」があげられます。

また、この2つの原因を引き起こす根本の原因は「背骨と骨盤をつなぐ仙腸関節の歪み」にあるとされています。

つまり、ほんの数mmだけズレている仙腸関節をなるべく正常な状態に戻すことで、腰に痛みをもたらす原因を取り除くことが出来るのです。

cf55894c30986f1c54e52d36c125ebd6_s

テニスボールを使った仙腸関節ストレッチのやり方とは?

さて、ここからは具体的にテニスボールを使った仙腸関節の矯正ストレッチの方法について解説していきます。

やり方は簡単で、テニスボールを2つ用意してテーピングやガムテープでくっつけ、それを尾骨の上にある仙腸関節に当てて、1分間ただ寝転がるだけです。

仙腸関節の場所の見つけ方や、詳しい方法はさかい健康整骨院の酒井慎太郎先生の出演している下の番組を参考にしてください!

 

この方法なら自宅で腰痛を完治できる可能性があります。もちろん、「100%治る」なんてことはありませんが、今行っている治療法の効果が感じられない方はぜひやってみて下さい。

また、下のおすすめページでは、アスリートを様々な腰痛から救った治療法や身体を整えるストレッチのやり方をまとめて紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!改善率95%を誇る腰痛治療のひみつとは?

おすすめの腰用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る