テニス肘と肩や手首の痛みを併発する原因と対処法

テニス肘に限らず怪我をすると周辺の関節や筋肉が機能を補うようになっています。

そのため、治療をせずに肘の痛みや違和感を放置すると、肘をかばうために手首や肩に疲労が蓄積してしまいます。

今回は、テニス肘と肩や手首の痛みを併発する原因とその対処法を解説します。

なかなか治らない怪我は身体のバランスを崩し、他の怪我の原因にもなりかねません。なるべく早く完治して、身体にかかる負担を減らせるように心がけましょう。

テニス肘と手首や肩や腕の怪我を併発する原因とは?

肘の痛みを感じたまま日常生活やテニスを続けると手首や肩や腕にコリや痛みが出てくる可能性があることは冒頭でも述べました。

手首の腱鞘炎、TFCC損傷、テニス肩、肩こり、首こり…などテニス肘が原因となって様々な不調を引き起こすのです。また、逆に手首や肩の不調が原因でテニス肘が起こる可能性もあります。

例えば、肩と肘に痛みやコリを併発するケースを考えてみましょう。

肩こりや肩の怪我が起こると本来ならば肩からの運動で行うべき動作がスムーズに出来なくなります。テニスで言えばサーブやストロークのスイング動作がそれに含まれるでしょう。

すると、肩をなるべく使わずに肘から手にかけての小さな筋肉や関節を使って動作を行うようになります。

そのため、前腕の筋肉に疲労が溜まり、筋力や柔軟性が低下して肘にかかる負担が増えるのです。

その結果として、肘と肩に痛みや違和感を併発することになるのです。

 

テニス肘と手首や肩の怪我を併発した場合の対処法とは?

このような怪我の連鎖を食い止めるには、身体の不調を根本的に解消することが必要です。

その根本の原因は「身体のバランスの崩れ」にある可能性が高いでしょう。誰もが姿勢や過去の怪我や癖によって身体に歪みを抱えています。

身体のバランスを整えるためには日ごろから姿勢に気を付けたり、ストレッチや補強トレーニングに取り組んだりすることが大切です。

姿勢は意識をし続けるだけで大きく変わります。気づいたときには正しい姿勢に戻すというのを癖にするといいでしょう。

また、左右でバランスの悪い筋肉の付き方をしている場合はトレーニングやストレッチを行い左右でなるべく筋力や柔軟性の差がなくなるようにすると良いでしょう。

整骨院などで姿勢改善や骨盤矯正の施術を行うところもありますが、結局は普段から自分で気を付けていないと元通りのバランスの悪い身体に戻ってしまうのです。

このように、テニス肘と他の場所の怪我や痛みを併発している場合は身体を根本的に見直す必要があるのです。

怪我はなるべく早期に正しい処置をしないと悪い連鎖を引き起こします。日ごろからケアを怠らずに行いましょう。

下のおすすめページでは、テニス肘の治療マニュアルや肘の痛みの治療や予防に使えるグッズをまとめて紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

改善率93%を誇るテニス肘治療のヒミツとは?

おすすめの肘用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

自宅で出来る流行の健康法「温活」の効果とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る