テニスで起こる肘の痛みにステロイド注射を使ったときの副作用とは?

テニスで起こる肘の内側もしくは外側に痛みが出る症状をテニス肘と呼びます。

テニス肘になると注射を用いた治療が行われることがあります。湿布薬やサポーターを用いても肘痛が改善されない場合に、肘の炎症部に痛み止めを含むステロイド注射を打つのです。

今回は、テニス肘に使われることの多いステロイド注射の効果と副作用について解説します。

注射を打つことで多くのテニス肘患者が肘の痛みを改善しているのは事実です。しかし、効果の強い薬には強い副作用も付き物です。

最近は、医師が副作用に注意して処方してくれるため必要以上に不安に思うべきではないですが、自分で知識を付けておくことも大切なのです。

病院におけるテニス肘の治療の流れとは?

テニス肘の治療においてステロイドと痛み止めを含む注射は保存療法の最終手段といってもいいでしょう。注射が効かなかった場合は、そのまま痛みと付き合いながら生活するか手術をするかを選ぶことになるでしょう。

では、テニス肘の治療の流れを見ていきましょう。

まず、初めて病院に行くと問診を受けてからレントゲンを撮り、骨や関節に異常がないかを調べます。骨に異常がなければ、湿布薬やサポーターを処方してもらい1~2週間安静にします。

この経過観察期間で痛みが減っているようであれば問題ないのでしょう。しかし、あまり痛みが変わらないもしくは悪化している場合は、痛み止め注射もしくはステロイドを含む注射を打つというのがよくある治療の流れです。

テニス肘に対するステロイド注射の効果と副作用とは?

では、ステロイド注射にはどのような効果と副作用があるのかみていきましょう。

テニス肘によって炎症が起こっている患部にステロイド注射を打つので、直に炎症を抑える成分が届きます。そのため、湿布で治らなかった強い炎症を抑える効果が期待できるのです。

ステロイド注射によって痛みや炎症を抑えることで自己治癒力が高まり、腱や筋肉の機能回復が早まるのです。

一方で、ステロイドには副作用もあります。冒頭でも述べましたが、なるべく副作用が表面化しないように回数を制限して使うことが多いです。

主な副作用としては、肘周辺の腱や筋肉や皮膚の強度を下げてしまうことが挙げられます。

つまり、炎症を抑える効果は強く痛みもパタッと治まるけれども、肘の組織自体の強度が多少落ちてしまうのがステロイドなのです。

このように、ステロイドに限らずどんな薬にも副作用が必ず存在します。きちんと効果の裏にある体への害を忘れずに薬を使うようにしましょう。

下のおすすめページでは薬を使うことなくテニス肘の改善が期待できる治療法を紹介しています。ぜひ参考までに!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

改善率93%を誇るテニス肘治療のヒミツとは?

おすすめの肘用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

自宅で出来る流行の健康法「温活」の効果とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る