膝裏の痛みにはテニスボールを使ったマッサージが効果的!

テニスは足ニスと言われるほど足腰を酷使します。地面を蹴り上げる太ももの裏の筋肉やふくらはぎの筋肉を良く使うため、それらの筋肉と関節の接着部分である膝の裏には大きな力が加わります。

すると、膝の裏の柔軟性が失われ膝がまっすぐに伸びなくなったり痛みが出たりするのです。

今回は、そのような膝裏の痛みを治すのに効果的なテニスボールを使ったマッサージ&ストレッチ法を解説します!

膝に故障を抱えてしまうとテニスに限らず、生活にも支障が出てしまいます。なるべく早く痛みのある状態から抜け出しましょう。

膝の裏に痛みが出る原因とは?

膝の裏の痛みを取る方法の前に、なぜ膝に痛みを抱えることになったのか原因を知る必要があります。

原因がわかっていないと痛みが治ったとしても、また再発し同じような症状に悩まされることがあるからです。

一般的にテニスで起こる膝の痛みの原因はふくらはぎや太ももの筋肉にあることが多いです。もしくは、足首や股関節などの関節に不調を抱えている場合も膝の痛みの原因になります。

このページでは、基本的に前者の筋肉が原因の膝の裏の痛みについて解説していきます。

膝の裏には、ふくらはぎや太ももの裏の筋肉が腱によってそれぞれ関節につながっています。足首を動かすときに使われるふくらはぎと、膝の曲げ伸ばしをするときに使われる太もも裏の筋肉はテニスでは最重要な筋肉でしょう。

しかし、よく使われるからこそふくらはぎや太ももの裏は疲労がたまりやすくなります。

これらの筋肉に疲労がたまると柔軟性や筋力が低下し、膝の裏につながる腱を引っ張るようになります。

そして、そのストレスがかかったまま運動するとより腱が引っ張られたり骨とこすれたりして痛みが出るのです。

cf55894c30986f1c54e52d36c125ebd6_s

 

テニスボールで膝裏の痛みをとるマッサージ&ストレッチ法とは?

さて、膝裏の痛みの原因がわかったところで、テニスボールを使った膝裏のマッサージ法とふくらはぎや太ももの裏のストレッチ法をみていきましょう。

このストレッチとマッサージは膝の裏につながる腱と筋肉の血流を良くして柔軟性や筋力を取り戻す効果があります。

もし、この方法を試してみて痛みが強くなる場合は炎症を起こしている可能性が高いので、すぐに中止してアイシングを行ってください。

まず、テニスボール1つを膝の裏に当てて長座の体勢で床に座ります。足の重さを使ってグーッと痛気持ちいくらいのマッサージをします。呼吸は止めずに自然と行ってください。

それを1分ほど続けたら、次に太ももの裏の付け根のお尻の下からふくらはぎ下部までコリをほぐすようにテニスボールでマッサージをを行いましょう。コリの強い部分はテニスボールを当ててゆっくりとストレッチしてください。

終わったらゆっくり立ってみてください。今までよりも足がまっすぐ伸び、膝の裏の痛みや違和感が緩和されているはずです。

このようなテニスボールを使ったマッサージは全身の気になるコリをほぐすのに効果的です。

理想は、コリや痛みになる前に全身を柔らかく保つことです。日々のストレッチを続けることで身体に変化でてくるでしょう。

最新のストレッチ法などの詳しい情報は下のおすすめページにまとめています。ぜひ参考にしてください!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

病院に通っても治らない膝を自宅で治す3つのポイントとは?

おすすめの膝用サポーターランキングTOP3

サプリメントは効果なし!?最新のサプリメント事情とは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る