テニス肘のステロイド注射後に起きる肘の痛みは副作用のせい?

テニス肘の治療において、キシロカイン等のステロイドを含有した注射を打つことがあります。

しかし、注射を打った後でも肘の痛みが消えないことがあります。ステロイドによって肘の炎症が治まるはずなのに、痛みが消えないのはなぜなのでしょうか?

今回は、ステロイド注射を使ったテニス肘の治療における注射後の肘の痛みの正体、ステロイドの持つ効果・副作用について解説します。

ステロイド注射は保存療法の最終手段と言われています。注射を打っても全く効果がない場合は、手術をすることになります。

ステロイド注射後の肘の痛みの正体は副作用なのか?

冒頭にも書いたように、テニス肘の注射後から数日間、肘に痛みや違和感を感じることがあります。

この痛みの原因は、ステロイドという体内物質とは異質なものを取り込もうとすることにあると言われています。

吸収速度も遅く患部にステロイドが長い時間居座るため、注射後の肘の痛みはある程度長引くこともあります。

しかし、この痛みは決してテニス肘が悪化しているわけではなく上のような理由から起こる副作用の1つなので、あまり気にする必要はありません。

痛みのある内は肘の炎症部に効いているのだと考えて良いでしょう。

syringe-866555_640

テニス肘に対するステロイド注射の治療効果と?

さて、ステロイド注射後に起こる肘の痛みはステロイド注射の副作用の1つだということがわかりました。

最近は、ステロイドの副作用が出にくくなるように医師が薬を調合してくれるので、副作用を必要以上に気に掛ける必要はないと思います。

ステロイド注射には、痛みの原因である肘の炎症を直接的に抑える働きがあります。

そのため、医学的にはテニス肘に対してステロイド注射は効果的だといえるでしょう。

しかし、病院でステロイド注射を何度打ってもらっても治らないという方は少なくありません。

なぜ注射を1回打っただけで治る人もいれば、何度打っても治らない人がいるのでしょうか?

ステロイドは確かに肘の炎症を取り除く効果が期待できます。しかし、肘の炎症を一度抑えたところで、肘の腱が弱っているとちょっとしたことがきっかけで炎症が再発してしまうことがあるのです。

何度注射を打っても治らないテニス肘に対しても、ステロイドの効果は発揮されているのです。

つまり、「ステロイドが効かない」のではなく「テニス肘が重症である」ということなのです。

このように、テニス肘の治療におけるステロイド注射は効果的だといえるでしょう。薬の効果や副作用について正しい理解をしておくと、冷静に自分の症状の重症度を見極めることが出来るでしょう。

下のおすすめページでは様々な重症度のテニス肘(腱鞘炎)患者を救った治療法について紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

改善率93%を誇るテニス肘治療のヒミツとは?

おすすめの肘用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る