テニスのサーブで起こる肩の痛みに効果的なテーピングの巻き方

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスのスイングは肩を支点にして行われるため肩に疲労が溜まり、痛みが発症することが少なくありません。

特にサーブで肩の前側や後ろ側の筋肉を痛めると長期間の治療が必要になる可能性があるため注意が必要です。

今回は、テニスで起こる肩の痛みや違和感に効果的なテーピングの巻き方を紹介します。

テーピングは正しいやり方さえ覚えれば、適度なサポート効果で怪我の症状を緩和する効果があります。ぜひ試しに巻いてみて下さい。

テニスで起こる肩の痛みに対するテーピングの効果とは?

テニスを長年続けていると徐々に身体に歪みが出てきます。競技特性上多いのは、肩が前方に巻き込むように入る(内旋)歪みでしょう。

身体の前面の筋肉を使い閉じるような動作の多いテニスでは意識してケアをしないと関節や筋肉に先に書いたような癖がついてしまうのです。

また、歪みが大きくなってくると関節や筋肉の本来の能力が損なわれるため怪我や痛みの原因になってしまいます。

テーピングには「関節位置の調整」や「筋力発揮の補助」の効果があり、このような身体の歪みやそこからくる痛みの緩和が期待できるのです。

サーブを打つと肩が痛いときのテーピングの巻き方とは?

では、ここからは具体的にサーブを打つときに肩に痛みが出る場合のテーピングの方法をみていきましょう。

テーピングの巻き方は痛みの場所や怪我の種類によって変わってきますが、ここではサーブによる肩の痛みに効果が期待できるオーソドックスな方法を紹介していきます。

肩の後ろ側の筋肉を補助し肩の過剰な内旋を和らげることで、肩関節や筋肉にかかる不自然な負担を減らします。

動画をみればわかりますが、3本のテープそれぞれが肩の機能を補助する明確な役割をもっています。それらの役割をきちんと感じながら巻くことが効果的なテーピングをするポイントでしょう。

このように、テーピングを巻くことで肩にかかる負担が軽減し、痛みの緩和が期待できます。

しかし、肩のテーピングを1人では巻くのは難しく必ず補助が必要になります。そのため、市販の肩用サポーターを使ってみるのも手でしょう。

また、根本的に肩の痛みを改善したいのであれば、テーピングやサポーターだけでは不十分です。きちんと日ごろからケアをして身体の歪みを取り除くことが大切です。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る