テニスをすると肩が痛い!怪我につながるサーブのフォームとは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスで肩に怪我を負う方は少なくありません。特にサーブを打つときに肩が痛むケースは後を絶ちません!

肩にかかる負担はサーブの打ち方によって大きく変わってきます。肩を傷めるプレーヤーのほとんどはサーブのフォームが原因で肩に痛みが出るのです。

今回は、肩に負担がかかりにくいサーブのフォームについて解説します!

関節や筋肉にはそれぞれ得意な動きと不得意な動きがあります。そして、不得意な動かし方を続けると痛み等の症状が出てくるのです。

肩が痛くなるサーブのフォームの原因とは?

まず、ひとえに肩が痛いと言っても多くのケースがあります。「肩の前側が痛い」、「肩の後ろ側からわきのしたにかけてが痛い」、「肩甲骨の周りが痛い」…など挙げ続けたらきりがないほど肩周りの構造は複雑です。

そのため1つ1つのケース全てを解説することは不可能に近いでしょう。

しかし、どのような肩の怪我に対しても「これだけは守った方が良い!」という共通したフォームのチェックポイントが1つあります。

それは、「一連のスイングが視界の外(肩のラインより背中側)に消えないようにすること」です。

もちろん個人差はありますが、ほとんどの人が自分の視界の外では力を発揮できません!

例えば、物を押す時に身体の前側(腹側)が一番力が入りますよね?それと同じです。

では、もう少し具体的にサーブのフォームで解説してみましょう。

サーブで肩を痛めるフォームのチェックポイントとは?

サーブでは、ワインドアップからトロフィーポジションにかけて肘が肩より背中側にいってしまいがちです!

ラケットを担ぎ上げたときに肩のラインよりも肘が後ろにいってしまうと腕や肩の筋肉と肩関節は本来の働きが出来なくなります。

すると、筋肉や関節には負担が蓄積して痛みにつながるのです。

サーブで肩を痛めてしまった方は、まず普段のフォームで肘が肩よりも後ろにいってしまっていないかを確かめましょう!

フォームの改善は時間を要しますが、肩への負担を減らすだけでなくパフォーマンスのアップにもつながるはずです。

また、これらはストロークにも同じことがいえます。テイクバックからフォロースルーまでの一連のスイングが必ず体の前面で行われているように心がけましょう。

もちろん、肩を傷めているならフォーム改善の前に焦らず治療に取り組みましょうね!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る