テニスで起こる肩甲骨の痛みの原因とその対処法とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスでサーブやストロークが上手な人は肩の付け根である肩甲骨から大きなスイングをすることが出来ています。逆に、あまり上手くない人はスイングが小さく俗にいう手打ちという状態になっていることが多いです

つまり、テニスで肩甲骨周りの筋肉に痛みが出るのは上達してきている証拠とも言えます。

今回は、テニスで起こる肩甲骨周りの痛みの原因と対処法について解説します。

肩甲骨の疲労や痛みを放っておくと肩や肘や手首にかかる負担が増え、怪我につながることもあるので注意が必要です。

テニスで起こる肩甲骨の痛みの原因とは?

肩甲骨は背中の筋肉で支えられている骨で肩から先の動きを作り出す役割があります。

また、足腰で生んだエネルギーが体幹や腕を中継してラケットに上手く伝えられるかどうかは、この肩甲骨を支える筋肉が大きく関わってきます。

肩甲骨の痛みの原因は様々ありますが、大きな原因の1つは肩こりや首こりと同じような「背中こり」だと考えられています。

背中こりとは、肩甲骨を支える筋肉が疲労によって柔軟性や筋力などを失っている状態を指します。

コリによって自由に動かなくなった肩甲骨を無理やり動かしたら、それを支える筋肉は過剰に引っ張られて損傷してしまうのです。

9668868752_7b2c2a60a5_z

肩甲骨周りの筋肉が痛いときの対処法とは?

もし、肩甲骨周りが日常生活を送るだけでも痛い場合は、筋膜炎や軽い肉離れを起こしてしまっている可能性が高いので安静にしましょう。

安静にしていてもなかなか症状が改善されない場合は病院か整骨院で診察を受けましょう!

さて、ここからは生活をする程度なら痛みの出ない「背中こり」の状態を解消する方法をみていきましょう。

そもそもコリというのは、疲労物質が溜まり筋肉の血流が悪くなっている状態のことをいいます。

つまり、筋肉の血流を良くして疲労物質が流れやすいようにすることがコリを解消するためには最重要なのです。

具体的な対処法としてはマッサージやストレッチが挙げられるでしょう。

また、そのマッサージに使えるのがストレッチポールやテニスボールです。

ボールを床に置いてその上に寝転がり、ゴリゴリと固まった筋肉を痛気持ち良いくらいの強さでほぐすのです。運動後やお風呂上りなど身体が温まっているときに行うと効果的です。

テニスボールやストレッチポールは硬さが丁度よいため。自分でマッサージをするにはちょうど良い道具なのです。肩こり、首こり、足のむくみにも応用可能です。

このように、テニスのスイングの要ともいえる肩甲骨の周りの筋肉の痛みに対しては、原因や症状に合った対処が大切です。

肩甲骨周りは姿勢を支える大切な筋肉が多々あります。なるべく疲れを溜めないようにマッサージやストレッチなど日々のケアを怠らずに行いましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る