テニスで起こる急性腰痛ぎっくり腰の原因とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

ぎっくり腰になると強い痛みによってほとんど歩けない状態になります。

そもそもぎっくり腰は正式名称では急性腰痛症と呼ばれ、突発的に起こる腰痛で多くの場合は原因がはっきりとしないそうです。

今回は、テニスで起こるぎっくり腰が起こるメカニズムを紐解いていきたいと思います。

普段から腰痛持ちの方やヘルニア・腰椎分離症を患ったことがある方は特に注意が必要です。

腰はテニスに限らず日常生活でも重要な役割を果たす場所なので、無理せずにきちんと治すようにしましょう!

テニスでぎっくり腰が起こる原因とは?

なぜぎっくり腰になると強い痛みを発するのか原因ははっきりとしていません。椎間関節や仙腸関節の捻挫、椎間板の損傷、筋繊維や筋膜の炎症が原因としては有力だといわれていますが、MRIなどの精密検査をしても問題がない可能性もあるのです。

そのため、これらの原因を引き起こす根本的な原因もはっきりと言い当てることは困難でしょう。

テニスで急性腰痛が起こった場合も、「腰の筋肉や関節に疲労が溜まり柔軟性を失った状態で腰を回してスイングをしたから腰を痛めたのではないか」という推測をするしかありません。

そして、その推測の下で治療や対策をしていくのです。

このように、ぎっくり腰ははっきりとした原因が未だわかっていない怪我だといえます。様々な根本的な原因と些細なきっかけで起こるため常に注意が必要です!

腰回りの筋肉や関節疲労を溜め込まずに日々ケアを重ねることをおすすめします。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る