テニスで起こるすねの痛みシンスプリントの原因とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスですねに痛みを抱える怪我というとシンスプリントが代表的でしょう。悪化すると脛骨の疲労骨折につながることもあります。

特に身体が未発達のジュニア世代は、オーバーユーズ気味になるとシンスプリント(脛の骨膜炎)を起こしやすくなります。また、体力をつけるためのランニングが原因でシンスプリントになる方も少なくありません。

今回は、テニスで起こるすねの痛みシンスプリントの原因について詳しく解説します!

普段はあまり意識しないすねですが、痛みが出ると意外と厄介な場所です。悪化や再発をしないようにきちんと原因を理解して治療に励みましょう。

テニスで起こるすねの痛みシンスプリントの症状と原因とは?

すねの周りには前脛骨筋、後脛骨筋、ヒラメ筋、腓腹筋といった足首を動かす筋肉が走っています。

テニスでは、左右前後に俊敏に動かなくてはいけないためこれらの筋肉を多く使います。また、体力増強をするために行うランニングでも同じようにこれらの筋肉を使います。

すると、筋肉に疲労物質が溜まり血流が悪くなることで柔軟性が損なわれます。

シンスプリントの原因は、この筋肉の柔軟性の欠如にあるとされています。

ランニング、トレーニング、テニスによってふくらはぎやすねの筋肉に疲労がたまり、脛骨の骨膜の筋肉とくっついているところが引っ張られ、骨膜が炎症を起こすという仕組みでシンスプリントが起きるのです。

9728608548_dec3db39b0_o

このシンスプリントの症状を改善せずに放置すると脛骨に負担がかかり続けるため、疲労骨折になる可能性もあります!

症状としては、すねの骨の内側や外側に沿って痛みが出ます。

このように、すねが痛いといっても決してすねの骨に原因があるのではなく、ふくらはぎやすねの筋肉に根本の原因があるのです。

つまり、骨膜炎を治すだけでは完治せず、これらの筋肉を緩める必要があるのです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る