ジュニア世代のテニス選手に多い腰痛の原因とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

ジュニアテニスプレーヤーは、まだ骨や筋肉が未発達なことから疲労骨折等の怪我をすることが多々あります。

特に腰の痛みを訴えることが多く、腰椎分離辷り症や椎間板ヘルニアまで発展してしまうこともあります。

今回は10代のジュニアテニスプレーヤーに起こる腰痛の原因について詳しく解説します。

錦織圭選手をはじめとする日本人プロテニスプレーヤーの活躍のおかげでジュニア世代のテニスプレーヤーが増えています。また、世界大会でもジュニアカテゴリーでは日本人が上位に食い込むことも多々あります。

しかし、怪我に多くの選手が泣かされているのも確かです。成長期や思春期を向えるジュニアテニスプレーヤーはより注意が必要なのです。

10代のジュニアテニス選手が抱える腰痛の原因とは?

ジュニア世代の選手は成長期に差し掛かっているため子供と大人の境目で心身共に不安定な状態にあります。また、とても小さいころからテニスを始め、高校卒業の18歳まで選手として活動しているとかなりのダメージが身体に加わってきます。

骨や筋肉は成長期にある程度の刺激を与えることで長さが伸びたり、強度が増したりします。そのため、子供は外で遊ばせるべきだとされています。

しかし、逆に過剰な刺激が加わると、まだ強度が弱いため身体を痛めることにつながります。

例えば、子供の頃にテニスに打ち込んだ人は大人になって「気を付け」をしたときに利き手側の肩が逆の肩よりも下がり斜めになってしまうのも、骨や筋肉が出来上がる前に左右アンバランスな運動を過剰に行ったことが原因だといえるでしょう。

もちろん本題の腰痛も過剰な刺激が身体に加わっている証拠です。

成長期は、骨は成長するために柔らかく、筋肉は骨の成長に合わせて引き伸ばされて硬くなりやすいので、最も怪我をしやすい状況です。

そのため、成長期の不安定な身体にテニスによる過剰な刺激が与えられると、腰の筋肉が柔軟性を失い腰痛を引き起こしたり、衝撃に耐えられない腰椎が疲労骨折を起こし腰椎分離辷り症になってしまうのです。

このように、小学生・中学生・高校生くらいまでは身体が不安定な状態であることを子供も大人も理解しておくことが大切です。

小さい頃についてしまった身体の癖はなかなか治りません。きちんと日ごろからストレッチなどのケアを行うようにしましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る