テニスで起こる足の裏、親指の付け根の痛み足底筋膜炎の原因とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスをしていると足の裏や親指の付け根に痛みを感じる方は少なくありません。

スイングやフットワークのエネルギーを作り出している足にかかる負担が大きくなるのは当たり前ですからね。

足の裏にに負担がかかり続けオーバーユーズ気味になると足底筋膜炎という痛みを伴う怪我に発展していきます!

今回は、足裏や親指の付け根に痛みを引き起こす足底筋膜炎の症状と原因について解説します。

足の裏の痛みはテニスに限らず日常生活にも影響を与えます。なるべく早く治すためにもきちんと足底筋膜炎の原因を理解しましょう。

テニスで起こる足底筋膜炎の原因とは?

足底筋膜炎とは足の裏から指にかけて走っている筋肉の筋膜が炎症を起こす怪我です。ふくらはぎや太ももの筋膜炎と同じ系統ですね。

足に掛かる負担の大きいスポーツでよく起きる怪我です。バレエや体操もその1つです。

原因は足の裏のどの筋肉を痛めるかにもよります。

足の裏の親指の付け根を傷めている場合は、指の関節間の筋膜や靭帯の損傷が起こっています。足の指の踏ん張る力の使いすぎが炎症の原因になります。

足の裏・土踏まず近辺が痛むは、土踏まずを形成する筋肉の筋膜が損傷しています。衝撃が強い着地や偏平足が原因になります。

Evgeniya Rodina

このように、テニスの場合はだいたいこの2パターンが主な足底筋膜炎の症状と原因になるでしょう。

足の裏は唯一地面と接する場所なので、日ごろからケアをすることが大切ですね!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る