テニス肩とは?痛みが出る原因とその治療法について

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

みなさんはテニス肩という症状をご存知でしょうか?テニス肘と同じようにテニスのサーブの時に出る肩の痛みにつけられた症状名です。

テニス肩の症状は野球肩とほぼ同じで、どちらも肩関節の周囲に炎症を起こすため痛みが出ます。テニスの肩の怪我の総称としてテニス肩とし、その中には、インピンジメント症候群や、上腕二頭筋腱炎、肩後部の筋挫傷が主な怪我です。

今回は、テニス肩と呼ばれる種類の怪我の原因とその治療法について詳しく解説します。

肩は複雑に筋肉が走っているため、放っておくとだんだんと痛みが広がり普段の生活にも支障が出てくるようなります。ぜひ早いうちに根本から治してしまいましょう。

テニスで肩を痛める原因とは?

テニスでおこる肩や肘の怪我というのは、基本的には練習量というよりも「打ち方」や「ウォームアップ&ケア不足」に原因があることがほとんどです。

冒頭でも書いた通り、肩関節やそれを動かす肩甲骨周りには大きなアウターマッスルだけでなく、細かなインナーマッスルが走っています。

基本的には肩を痛めるというとインナーマッスルに損傷が起こっていることが多いです。

では、テニス肩と呼ばれる怪我を一つ一つ見ていきましょう。

テニスで起こる怪我の種類とそれぞれの対処法とは?

テニスでは、インピンジメント症候群、上腕二頭筋腱炎、肩後部の筋挫傷が多くおこります。

インピンジメント症候群は、肩の筋肉が肩の関節に挟み込まれることで痛みが出る怪我です。

サーブのインパクト時におこりやすく、スピンサーブやフラットサーブなどの打ち分けをする際に肩に無理な捻じれを生もうしたり、不自然な打点を取ろうとしたりすることで起こります。

これは、無理に腕をプロネーションさせる意識を持たずに自然な足の蹴り上げでラケットを走らせる意識を持つことが必要です。腕や肩は基本的に力まないようにしましょう。

上腕二頭筋腱炎は、上腕の筋肉の上の腱がついている肩の関節の前側に痛みが出る腱鞘炎のようなものです。これもインパクトの際に痛みが出ますが、肘が肩のラインよりも背中側にあったり、肩の前側が伸ばされた状態で打点すると痛めることが多いです。

具体的な対処法としては、サーブのトスの位置が後ろにならないように気を付けたり、体や頭が前に倒れて打点を追い越してしまわないようにすることが大切です。

肩後部の筋挫傷は、肩甲骨の周りの痛みや肩の後ろ側の痛みが出る筋膜炎をさします。サーブやフォアハンドのラケットを振りぬいてフォロースルーするときに筋肉が引っ張られることで筋挫傷が起きたり、バックハンドでボールを打点してとばす時に筋挫傷が起こります。

具体的な対処法としては、肩甲骨周りの筋肉の柔軟性を保つことが必要です。

stanislas-wawrinka-89374_640

 

テニスで肩が痛いときの治し方とは?

さて、これまでテニス肩が起こる原因とその対処法について書いてきましたが、結局今の時点で痛めてしまっている場合はいくらフォームを変えたところで後の祭りです。

痛みをとってから、対処法通りにフォームや技術の改善をする必要があります。

肩は様々な要因で痛みが出るため、根本の原因から治していくことがとても難しい場所でもあるので、気を付けて治療にとりくみましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る