テレビでも紹介されたテニスボール2つを使った腰痛解消法とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テレビ番組のバイキングやためしてガッテンでも取り上げられた画期的な腰痛解消法があります。

その方法は腰痛治療のゴッドハンドさかい保健整骨院の院長である酒井慎太郎氏が考案した仙腸関節矯正法というものです。

使うものはテニスボール2つだけで、腰痛を改善する効果が期待できるのです。

今回は、テニスボールを使った家で出来る腰の痛みの解消法について解説します。

慢性的な腰痛を根本の原因から治すためにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

テニスボールだけで腰痛改善が出来るのか?

腰痛の原因をはっきりと理解することは病院でも不可能だと言われています。症状やきっかけから原因を推測するしかないのです。

痛みの直接的な原因は腰の筋肉や関節の疲労蓄積と硬化です。では、腰の筋肉や関節に無理をさせている根本の原因はどこにあるのでしょうか?

慢性的な腰痛持ちの方は経験があると思いますが、整体や接骨院でマッサージしてもらった直後は症状が弱まっても、すぐにまた痛みが戻ってしまいます。

つまり、痛みの根本の原因から対処しないことには腰痛の改善は見込めないのです。

doctor-1149150_640

腰痛の根本の原因は仙腸関節の歪みにあり?

慢性的な腰痛の8割は骨盤の仙腸関節の歪みが根本の原因だといわれています。骨盤は仙骨と腸骨という二つの骨に大きくは分けられ、その二つの骨のつなぎ目が仙腸関節です。

この仙腸関節が歪むことで、腰痛だけでなく全身の不調の原因になるのです。つまり、腰の筋肉をほぐしたり、湿布を貼ったりするだけではだめなのです。

テニスボールを使った腰痛解消法のやり方とは?

では、腰痛の根本原因である可能性の高い仙腸関節の歪みを取る方法について解説していきます。

腰痛改善に使う器具の作り方は簡単です。2つのテニスボールをテープやストッキングでくっつけると良いでしょう。

テニスボールの準備が出来たら、具体的に仙腸関節の矯正をはじめましょう。

まず、自分の仙腸関節の場所の見つけ方から解説します。仙腸関節は、お尻の割れ目のすぐ真上にある尾骨を逆正三角形の頂点として、上2つの頂点にあたる位置にあります。

尾骨は出っ張っている部分を見つければ良いので簡単に見つかるはずです。そして、立ったまま尾骨に拳を当ててください。その上にくっつけたテニスボール2つを地面と平行に乗っければだいたいの位置は合うでしょう。

そして、仙腸関節が見つかったらテニスボールを当てたままただ寝転がれば完了です。1セット1~3分で、1日3回までにとどめましょう。気持ちよく関節をストレッチできればOKです。

痛みやしびれを感じる場合は中止し、病院で検査してもらうようにしましょう!

このように、自宅で簡単に腰痛を改善できる可能性があります。もし病院に行く暇がなかなかないという腰痛持ちの方は試してみる価値はあるでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る