テニスで太ももの裏から膝裏にかけて痛いときの対処法とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで多いのが太ももやふくらはぎの肉離れや筋膜炎です。

テニスのプレー中にブチッと筋肉を傷めることもあれば気が付いたら痛みが出てくることもあります。

今回は、膝裏から太ももの裏にかけて起こるハムストリングスの肉離れや筋膜炎の対処法を紹介します。

筋肉の怪我は再発のリスクが高いので、きちんと治療や予防に専念するようにしましょう!

太ももの裏の筋肉ハムストリングスを傷める原因とは?

テニスは瞬発的な前後左右の動きを必要とするスポーツです。そのため、脚の筋肉に大きな負担がかかり肉離れが起こるのです。

その中でも、特にハムストリングスの肉離れは「ジャンプやダッシュの蹴り出し」や「着地からの切り返し」の動作で多く起こります。

とは言っても、誰もが同じ動作で肉離れになるわけではありません!

肉離れになりやすい人の特徴は、加齢や疲労によって筋力や柔軟性などの筋肉の機能が低下していることでしょう。

つまり、太ももの裏の筋肉の肉離れや筋膜炎が起こる原因は「テニスのスポーツ特性」と「ハムストリングスの機能低下」にあるのです。

テニスで起きたハムストリングスの肉離れや筋膜炎の対処法

対処法を知る前に、ただの筋肉痛と筋膜炎や肉離れなどの怪我の見分け方を知っておく必要があります。

ただの筋肉痛の場合は、運動する前は痛みがあるものの運動をして身体が温まると共に筋肉がほぐれ痛みが消えていきます。

しかし、筋膜炎や肉離れは運動やストレッチをすると症状が悪化します。

後者の場合は筋肉に炎症が起こっているので当たり前ですよね!

筋膜炎や肉離れで太ももの裏から膝裏が痛い時はアイシングでしっかり冷やし、包帯やテーピングで患部を圧迫すると良いでしょう。

間違っても治療の段階でストレッチやマッサージをしたり、筋肉を温めたりしないでください!

痛みなどの症状が消えたら再発予防のためにリハビリを始めるようにしましょう。

もし、太ももの裏に力が入らないほどハムストリングスが損傷している場合は、一度病院で診てもらった方が良いでしょう。

このように、太ももの裏の筋肉ハムストリングスの肉離れや筋膜炎が起こったときは完治するまできちんと治療と予防をしましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る