テニスで起こる広背筋の痛みの原因とその対処法とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスが終わった後や次の日に背中がカチコチに固まり、筋肉痛になっていることあります。

そのまま放っておくと、サーブやストロークを打った時に広背筋などの筋肉を傷めてしまう可能性もあります。

今回はテニスで起こる広背筋の痛みの原因とその対処法について解説します。

背中には大小さまざまな筋肉が複雑に走っています。きちんと原因筋を見極めて正しい処置を施すことが大切です!

テニスで使う広背筋に痛みが出る原因とは?

あまり意識をしていなくてもテニスをすると腕よりも背中が疲れるという方は、上手くボールを体幹で飛ばせている証拠です。

サーブやストロークが不得意な人ほどラケットを腕でスイングするため、肩や肘の周りの筋肉が痛くなります。

つまり、背中に筋肉痛やハリを感じる人ほど肘や肩の怪我をしにくいといえます!

だからといって背中の筋肉痛やハリを放っておくと、柔軟性と筋力の落ちた広背筋を傷める可能性が高まります。

広背筋の筋肉痛やハリは上手く体を使えている証拠ですが、筋膜炎や肉離れのような強い痛みがある場合は完全にケア不足なのです。

25866052663_8cdd18899d_z

サーブを打つと広背筋が痛い場合の対処法とは?

「サーブやストロークを打つたびに広背筋がズキズキ痛む」、「筋肉痛とは違う嫌な痛みがある」という場合は筋肉を傷めているため

、ストレッチやマッサージはせずにアイシングで患部を冷やして痛みの少ない姿勢で安静にすることが大切です。

また、場合によっては接骨院や整体院で筋肉をサポートするテーピングを巻いてもらうと背中の痛みが楽になるだけでなく、背中にある他の筋肉の負担も軽減できます。

背中や肩甲骨周りのテーピングを自分でやるのはかなり難しいので、専門家に任せることをおすすめします。

自己流のテーピングは痛みを長引かせたり、悪化させたりする可能性があります!十分に注意して行ってください。

このように、テニスでおこる広背筋などの背中の筋肉の痛みは日々のケアが大切です。また、痛みが出てきた場合は経過をみながらテーピングなどの対処をするといいでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る