テニスで起こる腰の痛みに対して湿布は治療効果を持つのか?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

多くのテニスの愛好家が腰痛に悩まされているようです。病院に行くほどは痛くないけど…と放置している方も多いでしょう。

そんな方々にとって、腰の痛みを緩和する方法として湿布薬は手軽ですよね!

今回は、テニスで起こった腰の痛みに対して湿布薬は効果的なのか解説します。

病院に行ったところで、骨に異常がない場合は湿布を処方されて帰ることになるでしょう。しかし、本当に湿布を張り続ければ、腰痛を解消できるのでしょうか?

テニスで起こる慢性的な腰痛は湿布で治せるのか?

慢性的な腰痛は、筋肉が凝り固まり柔軟性が失われることが原因で起こります。根本的な原因はその人の姿勢の癖やテニスによる左右の筋肉のバランス差が挙げられます。

つまり、どこかが炎症を起こして痛みが出ているわけではないのです。

では、そのような腰痛に湿布薬は効果的なのでしょうか?

結論から言うと、湿布で腰痛の根本的な治療をすることはできません。しかし、湿布を効果的に使うことでテニス後に腰痛が強い時は症状を和らげることができます。

テニスによる慢性的な腰痛には温湿布が効果的!

正直な話、普通の冷湿布と温湿布の効果にはあまり違いはありません。ですので、自分が貼っていて気持ちがいいと感じる方で構いません。

しかし、慢性的な腰痛は筋肉が強張っているので温湿布で温めると気持ち良く感じることが多いと思います。

もちろん血行を促進する効果が強い湿布を使えばもっと効果が上がるでしょう!

とはいっても、湿布はやはりその場の痛みをしのぐことしか出来ません。ですから、きちんとストレッチや日頃の姿勢の癖の見直しなど根本から変えることを考えた方が良いでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る