テニスで起こる腰痛に!病院に通っても治らない腰の痛みの対処法

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスは腰を回転させて打つため身体に捻じれが起こり、腰痛を引き起こす可能性が高いスポーツです。

また、腰の痛みが慢性化すると病院や整体・接骨院に通って電池治療やマッサージを受けてもなかなか治りません!

今回は、テニスで起こる腰痛が病院に行っても治らない原因と対処法について解説します。

テニスをしていると身体の右と左バランスがおかしくなるというのは聞いたことがあると思います。バランスを崩した身体は徐々に痛みを感じるようになるのです。

病院に通っているのになぜ腰痛が治らないの?

腰痛持ちの方は少なくとも数回は病院や治療院に通ったことがあると思います!

マッサージや電気治療を何度か受けても結局効果はその場限りで、数日経ったらまた腰痛が戻ってくるでしょう。

テニスで慢性的な腰痛に悩んでいる方はこのパターンに陥っていることが実に多いです!

なぜなら、多くの病院や整骨院で行われている治療は腰の痛みを表面的に解消することが目的になっているからです。

表面的な腰痛の原因となっている筋肉の硬化と柔軟性の低下を解消することは出来ても、その筋肉を凝り固まらせている根本的な原因の解消には至らないことが多いのです!

では、テニスでの腰痛の根本的な原因とはどこにあるのでしょうか?

テニスで起こる慢性的な腰痛の根本の原因とその解消法とは?

テニスでの腰痛の根本的な原因は腰の筋肉だけでなく、「全身のバランスの不調和」にあるといえるでしょう。

特に以前怪我をしたり、姿勢の癖で骨盤がずれたりしていると身体のバランスが崩れている可能性が高いです。

また、多かれ少なかれ誰にでも身体のバランスの崩れはあります。

そのため、日ごろからバランスに気を付けながらトレーニングとケアをしていくことが大切です!

特にテニスの場合は利き手側の腕と背中が特に発達したり、身体を捻る動作に使う筋肉が左右ばらついて発達したりと問題がおこりがちです。

きちんと自分の身体の偏りを理解したうえで腰痛を解消するために全身を整えましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る