テニスで起こった背中の激痛に痛み止めの注射や薬は効くのか?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスをしていると、背中にビリッと電気が走るような痛みの出る怪我をすることがあります。

このような症状が出ている場合は、疲労の溜まった背中の筋肉がサーブやストロークによって傷んだ可能性が高いでしょう。

今回は、そんな背中の痛みに対して痛み止めの注射や薬は治療として効果的なのかメリットとデメリットを解説します。

背中の筋肉は日常生活でも姿勢を保つために使われるので、なるべく早く痛みから解放されることが望まれます。

テニスで背中が痛いときに痛み止めを使うメリットとデメリットとは?

背中の筋肉を傷めたときの痛みは鋭いので、姿勢を保てなくなり首や肩や腰の筋肉のバランスを崩してしまう可能性があります。

そうすると様々な筋肉や関節にかかる負担が増えてしまい、新たな怪我を誘発することもあります。

そんな時に痛み止めを使うべきか否かを考える基準としてメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

背中が痛いときに痛み止めを使うメリット

痛み止めのメリットとしては、痛みが感じなくなることで「正しい姿勢が取れるようになること」、「自己治癒力が高まること」が挙げられるでしょう。

痛み止めは、その名の通り痛みを感じにくくする効果が期待できます。

そのため、背中の痛みが強く姿勢を保つのも辛い場合は痛み止めの力を借りると正しい姿勢が取れるようになります。

そうすることで他の筋肉や関節にかかる負担は減り、二次的な怪我を防ぐことが出来るのです。

また、痛みを抑えることで一時的に自己治癒力を高める効果も期待できます。人間にとって痛みがある状態は異常なので、自己治癒力が正常に発揮できないのです!

背中が痛いときに痛み止めを使うデメリット

痛み止めのデメリットは、痛みを感じなくなることで背中の筋肉の損傷が治っていないのにも関わらず、「背中に負担がかかる動きが出来るようになること」、「副作用があること」でしょう。

痛み止めを使うと、どの動きが背中に悪い影響を与えるのかを理解するのが難しくなります。

そのため、薬が効いている間に背中の筋肉を無理に動かすことにつながり、結果的に症状が悪化してしまう可能性があるのです。

また、痛み止めもれっきとした薬なので、副作用が少なからずあることを忘れないようにしましょう!

このように、痛み止めにはメリットとデメリットがあります。痛み止めは使うべきときに用法用量を守って使うようにしましょう。

いくら薬を使うことで痛みを消しても、根本的な完治にはつながりません。きちんと全身のバランスを整えるようにケアをすることが大切です。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る