テニスでのふくらはぎの肉離れを予防するストレッチとトレーニング

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスでよく起こるふくらはぎの肉離れを予防するためには、筋肉の機能を高めることが大切です。

しかし、ストレッチの仕方やトレーニング方法を間違えるとかえって肉離れや筋膜炎など強い痛みを伴う怪我の原因になります。

今回は、テニスで起こるふくらはぎの肉離れ対策としてストレッチとトレーニングのやり方を解説します。

肉離れだけでなく試合中の痙攣予防にも柔軟性や筋力を上げることは効果的です。

ふくらはぎの肉離れの再発対策として効果的なストレッチとは?

そもそもふくらはぎの肉離れはなぜ起こるのでしょうか?

その原因がわかっていない内は何度も同じようなふくらはぎの怪我を繰り返すことになるでしょう。

テニスでふくらはぎの肉離れが起こる原因の1つとして「加齢や疲労によるふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下」があげられます。

筋肉の柔軟性を高めるためにはストレッチの中でもスタティックストレッチ(静的ストレッチ)が効果的です。

足を前後に軽く開いて立ち、前足を曲げて後ろ足のふくらはぎやアキレス腱を伸ばすようにじっくりと時間をかけてストレッチをしましょう。

コツは、後ろ足の膝をしっかり伸ばした状態と曲げた状態の2種類に分けてストレッチをすることです。前者はふくらはぎの上方(膝側)、後者はふくらはぎの下側(足首側)が伸びるでしょう。

このようなストレッチを30~60秒反動をつけずに行いましょう。特に、テニス後やお風呂上りの筋肉が温まっているときに行うことで効果が出やすいでしょう。

ふくらはぎの肉離れの再発対策として効果的なトレーニングとは?

ふくらはぎの肉離れの原因としてもう1つ挙げられるのは「筋肉量や筋力などの強度の低下」でしょう。

筋肉が着地や蹴り上げの着地に耐えられるほどの強度を持っていなければ肉離れや筋膜炎が起こるのは当然でしょう。

手軽で効果的なふくらはぎの鍛え方としては、カーフレイズがおすすめです。

このように、ふくらはぎの怪我を予防するためにはストレッチによる柔軟性アップとトレーニングによる筋肉強度のアップが重要なのです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る