テニスで起こる膝の内側の痛み鵞足炎に効果的なストレッチ法

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

膝の痛みが起こる怪我はテニスをしているジュニアからシニアまで全世代で起こります。

ジュニアでは成長痛とも呼ばれるオスグッドシュラッター病、シニアでは変形関節症に悩む方が多いでしょう。

今回は、テニスで起こる膝痛の中でも特に膝の内側に痛みが出る鵞足炎という怪我に効果が期待できるストレッチのやり方を解説します。

膝の痛みは放っておくと身体のバランスが崩れ、様々な不調へつながる可能性があります。

きちんと痛みの原因を理解し、日々のケアを怠らずに完治を目指しましょう。

膝の内側に痛みの出る鵞足炎の原因とは?

まずは、なぜ鵞足炎になったのか原因を知らなくてはいけません。「膝の内側が痛い」といってもその原因が膝にあるとは限りません!

鵞足炎とは、膝の内側の腱鞘炎を指します。太ももの前・内側・裏から膝の内側につながる筋肉が集まる鵞足呼ばれる部分が、膝の骨と擦れることで炎症を起こすのです。

加齢や疲労の蓄積によって筋肉の柔軟性が落ちることで普段は擦れることのない骨に引っかかってしまうのです。

特にテニスは左右前後に瞬発的な動きが要求され、太ももの筋肉に大きな負担がかかるため柔軟性が欠如しがちです。

だから、テニスをしている人は鵞足炎になりやすいのです。

テニスで起こる膝の内側が痛くなる鵞足炎のストレッチ法

鵞足炎の原因になる筋肉の柔軟性を取り戻すためにストレッチが効果的でしょう。

下の動画を参考に、痛みが強くならないように気を付けながらストレッチを行うようにして下さい。

このように、鵞足に集まる様々な角度に走る筋肉を伸ばすのが鵞足炎を和らげるためのポイントです。

テニスで起こる身体の痛みは鵞足炎のようにじわじわと負担がかかり発症するケースのものがほとんどです。

きちんと日ごろから入浴後にストレッチをするなどのケアを怠らずに行うようにしましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る