テニスで起こる股間節の痛みに効果的なストレッチのやり方とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスをしていて股関節に痛みや強張りを感じている方はとても多いです。

股関節痛を放っておくと体のバランスを崩すきっかけになり、肩こり、膝痛、腰痛にもつながると言われています。上半身と下半身をつなぐ骨盤周りはやはり身体の要なのです!

今回は、この骨盤と股関節周りをほぐすストレッチのやり方を解説します。

根本的に股関節な固さを取るためには、整骨院で受けるような電気治療やマッサージのような受動的なほぐし方では不十分です。

自分の身体の不調は自分で治せるようになる。究極的には不調が起こらない身体づくりをすることが大切です!

テニスによって股関節痛が起こる原因とは?

生活スタイルの変化によって、股関節が固い方が多くなっています。あぐらをかけないくらい股関節が固い若者もいるぐらいです。

そのような股関節が固い状態でトレーニングやテニスの練習をすると股関節に痛みが出るのは当たり前ですよね。

また、テニスでは股関節周りの尻、太ももの筋肉を使うため疲労が溜まりやすいといえるでしょう。

つまり、日ごろの姿勢や癖とテニスによる疲労によってガチガチに固まった関節と筋肉が痛みを引き起こしているのです!

テニスで起こる股関節の痛みを改善するストレッチとは?

筋肉や関節の固さを取るためにはストレッチが大切です!

電気治療やマッサージは、疲労蓄積による筋肉のコリを一時的にほぐすということに関しては効果を発揮します。しかし、長年の姿勢や癖によって出来た関節や筋肉の強張りを取ることは出来ません。

また、マッサージで股関節の近くの筋肉をほぐしたところで、背中や腰、尻、太ももの筋肉など周囲の筋肉のコリを取れないとバランスが悪くなり、また痛みが再発することがあります。

だから、筋肉全体を伸ばすことが出来るストレッチこそ股関節痛に効果的な方法なのです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る