テニス後の腰痛はなぜ起こる?プレー中は出ない腰の痛みの原因!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

プレー中には腰の痛みを感じないのに、なぜ練習や試合が終わってから鈍痛や筋肉のハリを腰に感じるのでしょうか?

腰椎分離症、ヘルニア、ぎっくり腰の場合はこれの逆で身体を動かしたら痛みが悪化します。

今回は、プレー後に起きる不思議な腰痛の原因と対処法について解説します。

テニス後に限らず、腰の筋肉がバキバキに固まっていることありませんか?

「テニス中は痛くないしまあいっか」と放っておくと後々大変なことになりますよ!

テニス後に腰痛が出るのは関節と筋肉が硬化するから?

腰の疲労骨折などの突発的な怪我でない限り、大抵の腰痛の原因は骨盤の仙腸関節や腰椎のロッキングと腰、肩甲骨、尻、太ももの付け根の筋肉の硬化によって起こります。

筋肉や関節の硬化は、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいたり、テニスのように左右アンバランスな運動をしたりするとある一部の筋肉や関節に負担がかかることで起こります。

一方で、筋肉や関節が固くなっても、テニスをすることで血流が良くなるとほぐれてきます。すると、今までよりも腰回りの筋肉や関節が動きやすくなりプレー中に腰の痛みを感じなくなるのです!

そして、テニスが終わり体が冷えてくると腰、尻、太もも、背中の筋肉を使ったので疲労物質が溜まり血流が悪くなることで固まり、鈍痛がするようになってくるのです。

14788421339_e0e2cfe7b8_z

 

テニス後の慢性的な腰痛の対処法とは?

テニス後や次の日の寝起きの腰痛を緩和するためには、テニス直後と入浴後から就寝前に、腰痛に関係ある関節と筋肉のストレッチを行うことが大切です。

背中、尻、太もも、背骨、股関節などを中心にほぐすと良いでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した対処法はテニスコーチ・選手経験を通じて学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る